WEBデザイナーとしても活動中。 詳しくはこちら

【フトアゴ飼育初心者向け】バスキングライト・紫外線ライトの選び方

わたしがフトアゴ飼育を始めるときに一番悩んだのがライト選びでした。

なぜなら、ライトには役割の違いがあり、種類が豊富だったからです。

はちゅみ

ワット数とか紫外線の強さとかわからない!

むぎママ

わたしも最初は全然わからなくて、鬼のように検索してたなぁ

今ではフトアゴを2匹飼育し、ライトを買い替え、試しながら、落ち着いてきたように思います。

この記事にたどり着いたあなたも、同じ悩みをお持ちではないですか?

今回の記事では、フトアゴ飼育に使用するライトの種類をご紹介し、初心者の方向けにライトの選び方を解説します。

こんな人におすすめの記事です

  • これからフトアゴの飼育をする人
  • ライトの選び方や役割の違いなどがわからない人
プロフィール
目次

バスキングライトと紫外線ライト

バスキングライトと紫外線ライトの効果

フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要なライト

簡単に言うと、

  • 体を暖めるためのバスキングライト
  • 骨の形成など、健康な体を作る紫外線ライト

です。

自然界で言うなら、太陽の光が紫外線ライトで、太陽の熱がバスキングライトですね。

それでは、それぞれ詳しく説明します。

バスキングライトとは

日光浴をするフトアゴヒゲトカゲ

フトアゴヒゲトカゲは、自分で体温を調節することができませんので、太陽光の熱を使って体を暖めます。常に気温が高く、外で飼育できればライトなんていらないんですが、そんなわけにもいきませんよね。そこで、ケージ内に太陽の代わりとなるバスキングライトを設置するわけです。

むぎママ

バスキングライトは一ヶ所に集中的に当てて、温度の高いエリアを作ります

バスキングライトは体をあたためる「太陽の熱」の代わり。日中活動するために必要。

紫外線ライトとは

紫外線の種類

太陽光には、

  • UVA
  • UVB

の波長があり、フトアゴにとって欠かせないものです。(UVCは地表に届かない)

UVAは生活サイクルをつくったり食欲を増加させたり、脱皮を促す効果もあります。

UVBは成長に大切なもので、骨の形成に役立ちます。骨の形成にはカルシウムが必要になるのですが、UVBの効果により体内でビタミンD3をつくることができ、ビタミンDの働きでカルシウムを効果的に吸収できるようになります。

▼くる病について▼

症状としては背骨や尻尾の変形・手足の変形・顎の軟化が認められ、症状が進行すると四肢の麻痺・痙攣・骨折が起こります。

トカゲ類に多い疾病について 動物病院奈良

UVAは食欲促進や脱皮を促す。フトアゴの生活に欠かせない。

UVBは骨の形成のために重要。

カルシウムが不足すると、「くる病」の原因にもなる

フトアゴ飼育のライトの選び方

フトアゴ飼育に必要なライト

もう一度おさらいをすると、フトアゴ飼育には

  • 体を集中的に暖めるバスキングライト
  • 健康的な体を作る紫外線ライト

が必要です。

他に、保温球といって、ケージ内全体を暖めるランプも必要になるのですが、こちらの記事では説明を省いています。保温のお話になると長くなってしまうので、保温器具について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

フトアゴに必要な紫外線の強さ

フトアゴに必要な紫外線の強さ

爬虫類用のライトには様々な種類があります。

フトアゴヒゲトカゲはオーストラリアに住むトカゲで、日本よりも気温が高く、紫外線量の多い地域に生息しているんですね。ですから、飼育下においても強い紫外線量のライトを使用します。

「レプタイルUVB 100」という商品もありますが、150のほうがUVB量が強いので、フトアゴにはこちらを使用しましょう。

ちなみにライトから距離が離れると、UV量は低下します。

距離UVA UVB照度
10cm11501954340
20cm36060980
30cm15025490
40cm6010350
単位:UV…μW/c㎡  照度…LUX

「距離が離れるほど光が届かなくなるんだな」、くらいの感覚で覚えておいてくださいね。ですから、フトアゴ自身が距離を調節できるよう、流木などの足場があるといいですよ。高いところに登るなど、フトアゴは立体活動が大好きです。

ポイント

フトアゴには紫外線量の強いライトを選びます。パッケージなどに飼育できる爬虫類の例が載っていることが多いので、参考にしてみましょう。

また、ライトには寿命があります。購入時に交換目安を確認しましょう。

バスキングライトのワット数の選び方

ワット数

ワット数はケージの広さや季節に合わせて選ぶので、これがいいです!というのが難しいのですが、うちでは90cmケージに75Wを使用しています。

ワット数の選び方の例

  • 小さめのケージは温度が上がりすぎるといけないから50Wにしよう
  • 90㎝のケージだから70Wかな
  • 冬は冷えるから100Wにしよう

こんな感じで、ケージの広さや季節、飼育環境によって選ぶかたちになります。

▲25Wから250Wまであります!

そのほかのおすすめライト

わたしが使っているもの以外に、おすすめライトを選びましたのでご紹介します!

実際に使っている方にレビューも書いていただきましたので参考にしてくださいね。

おすすめ①ナチュラルライト

UVAを照射するものなので、UVBライトも用意しましょう。

明るさが足りないときに追加するのもおすすめです。

おすすめ②サングロータイトビーム

光を集中的に照射するバスキングライトです。直下にバスキングエリアをつくります。

90cmケージに採用。装着方法も簡単だった。耐久性も問題なし。温度が上がるまでに時間がかかる。

(サングロータイトビーム使用 フトアゴ飼育者さんの声)

おすすめ③ハイパーサンUV

保温(ホットスポット)とUVA・UVB照射、これひとつで同時に照射するスグレモノ!

ちょっとお値段は高めになりますがひとつでOKっていいですよね!

ケージの中がすっきりするのでこういうタイプは人気です。

2in1なのでこれひとつで快適な環境を作ることができ、大変便利。スペースを取らない。

(ハイパーサンUV使用 フトアゴ飼育者さんの声)

おすすめ④パワーサンUV

created by Rinker
¥11,308 (2022/10/02 15:30:40時点 楽天市場調べ-詳細)

UVAとUVBを同時に照射し、バスキングランプの効果もあるオールインワンタイプです。

アメリカやドイツのプロブリーダーも使用しているそう!発色が良くなるそうですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

では、今回の記事のまとめです。

紫外線・バスキングライトまとめ

  • UVA=生活サイクルや食欲増加の効果
  • UVB=骨の形成に役立ち、成長のために重要
  • バスキング=体温を上げ、活動するために必要
  • フトアゴには紫外線量の強いものを選ぶ
  • W数はケージの広さや季節で選ぶ
  • ライトには寿命があるので、購入時に交換時期を確認する

ライトを設置する際には別途ソケットが必要です。お忘れなく準備してくださいね。

created by Rinker
¥1,830 (2022/10/02 15:30:40時点 楽天市場調べ-詳細)

本来はケージの上に乗せて使うコンパクトトップ。それをケージ内に取り付ける方法を「紫外線ライトを最大限生かす設置方法」で紹介しています。購入する方はぜひ参考にご覧くださいね。

フトアゴの火傷にも注意!しっかり距離をとりましょう。

\ピン(保存)お願いします/
Pinterestでボードを作って保存しておくとあとで確認できます
タップorカーソルを合わせる▶保存

しっかり準備してフトアゴにとって最高の環境を用意してあげましょう!

この記事が参考になれば嬉しいです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    爬虫類仲間にシェアしよう!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次