Instagramでフトアゴの日常を発信中!こちらをクリック

【初心者向け】バスキングライト・紫外線ライト選びをわかりやすく解説

ライト

わたしがフトアゴ飼育で一番悩んだのがライト選びでした。

なぜなら、ライトには役割の違いがあり、種類が豊富だったからです。

しかもW数もいろいろあるし…とにかくネットで調べまくっていました。

今ではフトアゴを2匹飼育し、ライトを買い替え、試しながら、落ち着いてきたように思います。

今回の記事では、フトアゴ飼育に使用するライトの種類をご紹介し、初心者の方向けに解説をします。

この記事をおすすめする人

  • これからフトアゴを飼育する人
  • ライトの選び方がわからない人
プロフィール

フトアゴ飼育に必要なライト

バスキングライトと紫外線ライトが必要

フトアゴ飼育には、体を温めるための「バスキングライト」健康維持に必要な「紫外線ライト」が必要となります。

紫外線にも種類がありますし、すべてを兼ねたライトもあるので、商品選びが少し複雑です。

ライトの種類はこのようにわかれます。

爬虫類ライト分類

紫外線ライトとは

紫外線にはUVAUVBがあり、それぞれ役割があります。

フトアゴヒゲトカゲ
  • UVA…生活サイクルに必要なもの。脱皮を促したり、食欲を増加させたりする。
  • UVB…骨の形成に役立つもので、フトアゴの成長や健康に欠かせない。

これらは自然界でいう太陽の光ですね。それを紫外線ライトで再現するわけです。

むぎママ
むぎママ

紫外線ライトは、フトアゴの体を健康的につくるものですね

バスキングライトとは

日光浴するフトアゴヒゲトカゲ
日光浴をするフトアゴ

バスキングとは、日光浴をして体を温めることです。

バスキングライトは太陽の熱の代わりになるもので、自分で体温調節できない爬虫類には必須です。

室内の飼育では十分に日光浴をさせることは難しいですよね。

ケージ内に部分的に暖かいところをつくることによって、自らそこにフトアゴが移動して体温を上げます。

むぎママ
むぎママ

バスキングライトは、フトアゴが活動するために必要なものですね

W数の選び方

ライトにはW数もいろいろあります。

これはケージの広さや季節に合わせて選ぶ必要があります。

ケージの広さでW数を選ぶ

  • 小さめのケージは温度が上がりすぎる危険があるので50W
  • 90㎝以上のケージには70Wか、それ以上

うちでは80Wを使用しています。

夏と冬でW数を使い分けることも必要です。ライトの交換時期も半年ごとですのでちょうど良いですよ。

環境により選び方も違ってくるので、できれば実際にバスキングライト直下の温度を測り、適したものを選びましょう。

ケージ内の適温についてはこちら

おすすめライト

おすすめライトを7つ選びましたのでご紹介します!

実際に使っている方にレビューも書いていただきましたので参考にしてくださいね。

おすすめ①ナチュラルライト

うちでも使用しています。

UVAを照射するもので、暗かったケージ内が明るくなりました。別途UVBのライトが必要です。

おすすめ②レプタイルUVB

UVBを照射するものです。パッケージにフトアゴがいますね♪

ナチュラルライトとの併用がおすすめ。

ソケットに入れるだけで使用できる。使い始めると行動が活発になった。餌の食いつきが良くなった。太陽光に近い環境は爬虫類には大切で、ストレスを減らすことができると感じた。

(レプタイルUVB使用 フトアゴ使用者さんの声)

おすすめ③サングロータイトビーム

光を集中的に照射するバスキングライトです。直下にバスキングエリアをつくります。

90cmケージに採用。装着方法も簡単だった。耐久性も問題なし。温度が上がるまでに時間がかかる。

(サングロータイトビーム使用 フトアゴ飼育者さんの声)

おすすめ④ハイパーサンUV

保温(ホットスポット)とUVA・UVB照射、これひとつで同時に照射するスグレモノ!

ちょっとお値段は高めになりますがひとつでOKっていいですよね!

ケージの中がすっきりするのでこういうタイプは人気です。

むぎママ
むぎママ

ケージ内のライト、うっかり触れてしまったことがあります…いくつもライトがあるのは少し怖いです。

2in1なのでこれひとつで快適な環境を作ることができ、大変便利。スペースを取らない。

(ハイパーサンUV使用 フトアゴ飼育者さんの声)

おすすめ⑤レプティバスキングスポットランプ

UVAを照射して生活サイクルを促します。UVBは出ません。

二重反射という構造らしく、同ワット数のランプに比べて35%以上明るいそうです!

25W~250Wまであり、幅広いバリエーション。ペットに適した強さを選ばないといけないです。購入前に確認してください。使用するケージに合わせて選べる点が良いです。

(レプティバスキングスポットランプ使用 フトアゴ飼育者さんの声)

おすすめ⑥パワーサンUV

created by Rinker
¥12,863 (2021/10/27 10:01:20時点 楽天市場調べ-詳細)

UVAとUVBを同時に照射し、バスキングランプの効果もあるオールインワンタイプです。

アメリカやドイツのプロブリーダーも使用しているそう!発色が良くなるそうですよ!

おすすめ⑦ソーラーグローUV

created by Rinker
¥5,180 (2021/10/26 21:04:44時点 楽天市場調べ-詳細)

うちで使っているのはコレ!

ソーラーグローUVライト

UVBとバスキングの効果があるものです。

プラスしてUVAを照射するナチュラルライトと保温球を設置しています。

ふたつの機能を兼ね揃えているので、省スペースで助かっています。

ケージ内をすっきりとさせたい方にオススメです。

あなたに最適な電力会社を選んでくれる!
フトアゴ飼育の電気代は月2000円。
この機会にお得な電力会社に切り替えませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

では、今回の記事のまとめです。

紫外線・バスキングライトまとめ

  • UVA=生活サイクルや食欲増加の効果
  • UVB=骨の形成に役立ち、成長のために重要
  • バスキング=体温を上げ、活動するために必要
  • W数はケージの広さや季節で選ぶ

それぞれの効果を理解して、フトアゴの健康のために適した環境づくりをしていきましょう♪

ライトを設置する際には別途ソケットが必要です。お忘れなく準備してくださいね。

このタイプが主流
created by Rinker
¥1,499 (2021/10/27 10:01:20時点 楽天市場調べ-詳細)
ケージの外から照らします
ケージの上に乗せるタイプ

本来はケージの上に乗せて使うコンパクトトップ。それをケージ内に取り付ける方法を「紫外線ライトを最大限生かす設置方法」で紹介しています。購入する方はぜひ参考にご覧くださいね。

ライトはとても高温になるので、やけどには注意してくださいね

むぎママ
むぎママ

ケージ内でフトアゴが火傷をしてしまうケースもあります

\ピン(保存)お願いします/
Pinterestでボードを作って保存しておくとあとで確認できます
タップorカーソルを合わせる▶保存

しっかり準備してフトアゴにとって最高の環境を用意してあげましょう!

この記事が参考になれば嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ

Follow me!

コメント

PAGE TOP