Instagramでフトアゴの日常を発信中!こちらをクリック

フトアゴヒゲトカゲってどんなトカゲ?【特徴・魅力】

フトアゴ飼育

フトアゴヒゲトカゲに興味があるけど、どんなトカゲなんだろう?

飼育前はたくさんの疑問がありますよね。

わたしも飼育をする前は知らないことだらけでした。

でも知れば知るほど、愛嬌のある魅力的なトカゲに夢中になりました。

  • フトアゴってどんなトカゲ?
  • 大きさはどれくらいになるの?
  • トゲが痛そう!
  • どんな魅力があるの?

そんなふうに思った方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。

プロフィール

フトアゴってどんなトカゲ?

フトアゴの基本情報

フトアゴは爬虫類の中でも比較的飼育しやすく、おとなしくて丈夫なので人気のトカゲです。

フトアゴの野生個体は、オーストラリア中央部の乾燥した地域に生息しています。爪を引っかけて木を登ったり、岩によじ登ったりできる、半樹上性のトカゲです。ケージ内のレイアウトもそんな動きを意識して作ってあげると、良い運動になりますよ。

フトアゴの全長は40~50cmくらいになります。その半分くらいはしっぽです。とっても長いんですね。自切(危険を感じた時などに自ら尾を切ること)をすることはありませんが、しっぽを持つのはやめましょう。

モデル:むぎちゃん

ちなみにこの立派なトゲトゲですが、ゴムのような質感で触っても痛くありません。

しかし爪は鋭く、人の肌が傷ついてしまうことも。

フトアゴの生活リズム

眠るフトアゴヒゲトカゲ

フトアゴは昼行性のトカゲです。わたしたちと同じように朝起きて、夜寝ます。

フトアゴの一日

  • 朝起きて、バスキングをする(体を温める)
  • 食事
  • 2時間ほどかけて食べたものを消化する
  • 木の上など好きな場所で過ごす
  • 夜、消灯すると眠る

基本的な過ごし方はこのような感じです。

うちのフトアゴは、朝6時半に起きて、夜は18時に消灯しています。タイマー機能を使うなどしてライトのオンオフを自動化すると楽ですよ。

フトアゴの食事

フトアゴヒゲトカゲの餌

フトアゴは雑食性のトカゲです。成長期は積極的に昆虫を与え、大きく育てます。成長するにつれて人口フードや野菜をメインに与えていき、肥満を防ぎます。

飼育してみて感じるフトアゴの魅力

魅力その①表情が豊か

むぎママ
むぎママ

表情の豊かさに、いつも癒されています。

最初は「えー!トカゲ!?」なんて言っていた家族も、今ではフトアゴに夢中です(笑)

例えば首を傾げたり、口を開けて怒ったり、目を閉じていやいやしたり、飼い主を睨むようなこともあるんですよ!いつも笑わせてくれます。動きもとってもコミカル。きっと毎日楽しませてくれますよ。

魅力その②スキンシップが取れる

フトアゴは手に乗せてなでたり、肩に乗せたり、スキンシップを取ることができます。これをハンドリングを呼びます。

ただ、犬や猫のように触られて気持ちいいとは思っていないので、嫌がっていたらやめましょう。ストレスを与えないようにすることはとても大事です。フトアゴが人に慣れてきてくれたら、触らせてくれるようになるかもしれません。

魅力その③餌やりが楽しい!

餌を食べるフトアゴ

飼育の楽しみのひとつといえば餌やりではないでしょうか。

ベビー~ヤングの時期は昆虫食がメインになります。大好物の虫を見たときのフトアゴの表情は最高ですよ!早く食べたくて大興奮なその表情に、こちらもとても嬉しくなります。

アダルトサイズになれば野菜メインの食事になりますが、栄養を考えて用意したごはんを食べてくれたときは、自分の子供のように嬉しいものです。

資料請求はこちら
オンライン受講できます!

まとめ

フトアゴの魅力は伝わりましたでしょうか?

  • 丈夫で飼育しやすい、人気のトカゲ
  • 昼行性でわたしたちの生活リズムと合っている
  • 表情が豊か
  • スキンシップが取れる
  • 餌やりが楽しい

もしこの記事を読んでフトアゴに興味を持ったら、ぜひ飼育方法など他の記事もご覧になってみてください。知れば知るほど、お迎えしてみたくなるかもしれません。

フトアゴは「一緒に生活している」と感じることができる魅力的なトカゲだと思います。

このブログが、フトアゴをお迎えするきっかけになってくれたら嬉しいです。

Follow me!

PAGE TOP